CSSテスト中

    このクラス・コースでこんなことが学べます!

    お読みいただきありがとうございます。シノドス英会話トレーナーの芹沢一也です。

    この文章をお読みの方は、英会話にお困りかと思います。とても多くの方が英会話の習得にチャレンジし、そのほとんどが挫折しているというのが現状です。実際に、日本人の英会話力はアジアで最低のレベルにありますが、ではなぜこれほどまでに日本人は英会話が苦手なのでしょうか?

    シノドス英会話を立ち上げるにあたって、数多の英会話学習法を調査し、実際に試してみました。そこで発見したのは、英語で会話するための土台、「最初の一歩」をつくるためのトレーニングが、いくつかの例外を除き、ほとんど存在していないということです。

    このような発見を踏まえて、シノドス英会話では「英語を話す」ことに目的を特化したトレーニングを提供しています。

    シノドス英会話にぴったりなのは、以下のような目標を持っている方です。

    「相手との会話の中で、伝えねばならないこと、あるいは、そのとき思ったこと、感じたことを、きちんと英語で伝えられるようになりたい。」

    しかし、それがとても難しい、というのは、多くのみなさんが痛いほど感じていることだと思います。

    片言は話せるのだが、言いたいことがうまく言えない。外国人に急に話しかけられるとフリーズしてしまう。少し複雑な話になるとお手上げになる。英語学習者のなかには、このような方がとても多いです。TOEICで高得点を取っている人でも、「英会話はまったくダメです」というのが現実です。

    シノドス英会話が提供するのは、こうした現実を克服するために開発された独自のトレーニングです。

    巷には、本当にたくさんの英会話学習法があります。

    瞬間英作文の訓練で、その場で瞬時に日本語を英訳できるようになろうとか、英語フレーズを暗記して、各シチュエーションに応じてそれらをカードのように使いこなそうとか、シャドーイングによってネイティブの自然なリズムとアクセントを身につけようとか。

    あるいは、英会話スクールやオンラインでレッスンを受けて、とにかくネイティブと話すのが近道、習うより慣れろだとか。英語を聞き流していれば、ある日、突然、英語が理解できるようになるだとか。

    みなさんの中には、こうした学習法を試したことがある人も多いかと思いますが、はたしてそれで英会話ができるようになりましたか? 言いたいことが英語で言えるようになりましたか?

    多くの方が、いろいろな学習法を試しては、挫折してきたと思います。なぜでしょうか?

    それは、上に上げた学習法には、決定的に重要な「最初の一歩」が欠けているからです。土台となる基礎をつくることができないのです。

    スポーツで考えてみましょう。まだ習い始めたばかりなのに、いきなりプロのレベルのトレーニングをすることはないですよね。それぞれのスポーツで必要とされる基礎を習うところから、最初ははじめるはずです。英会話もまったく一緒です。

    ところが、こと英会話に関しては、このレベルのトレーニングを提供してくれる学習法がほとんどありません。

    では、最初に取り組むべきトレーニングとは何でしょうか? それは「語順トレーニング」です。

    そもそも、なぜ日本人にとって、こんなに英会話が難しいのか? 理由はとても簡単です。

    英語ネイティブとは、そもそも言葉を話すためのOSが異なっているからです。英語OSと日本語OSは、対極といっていいほど異なっています。OSが行っているのは、一言でいえば「言葉を並べる」ことです。つまり、英語OSと日本語OSでは言葉の並べ方、要するに「語順」が異なります。

    簡単な例をあげましょう。

    たとえば、「昨日は何をしていたの?」と聞かれて、「昨日は、デパートに買い物に行った」と答えるとします。では、それを英語で言おうとすると何が起こるか?

    日本語OSをインストールしている日本人が英語を話そうとすると、脳は上の日本語のような言葉の並べ方をしようとします。これは生理的といっていいほど自然で、きわめて強制力のある現象です。そのため、すっと“I went shopping at a department store.”という英語が出てこないのです。「Yesterday, depart, go」と言ったりしてしまうのは、日本語OSが日本語を並べるように英語を並べてしまうからです。

    ここから、やらねばならない最初のトレーニングが導き出されます。すなわち、「英語の並べ方」を身につけることです。

    「なんだ、そんなことか」と思われた方もいるかと思いますが、この問題は「英語と日本語は語順が違う」という、たんなる認識を持つだけでは克服できないのです。というのも、わたしたちがインストールしているOSは日本語OSですので、どうしてもこの日本語OSの干渉を強力に受けてしまうからです。「頭では分かっているけど、でもできない」というやつです。

    たとえば、簡単なことなら英語で言える学習者も、少し複雑で難しいことを言おうとすると英語が出てこない、という経験をしたことがあると思います。これは複雑で難しいことを考えようとすると、どうしても日本語OSがフル回転するために、日本語OSが強力に干渉して、英語が口からうまく出てこなくなるのです。

    ではどうすればいいのか?

    OSが行っているのは「言葉を並べる」ことです。そして、この言葉の並べ方のルールが文法と言われるものです。では、文法をしっかり学べば、英語が話せるようになるのでしょうか?

    答えはNOです。このことは多くの日本人が文法を学習しても話せるようにならないこと、あるいはTOEICで高得点を取っても「英会話はまったくダメ」という人が多いことからも明らかでしょう。

    必要なのは文法の学習ではなく、英語を正しい語順で並べられるようになる「脳トレーニング」です。それも、とくに意識せずともそれができるようになるまで、徹底的に「脳と口」に叩き込む必要があるのです。

    このトレーニングが、英語で会話するための土台、「最初の一歩」をかたちづくります。本レッスン・コースでは、全12回、3カ月かけて、この土台をしっかりとつくります。また同時に、英会話に必要な英文法も学習します(テストに出てくるようなマニアックな文法の勉強はまったく必要ありません)。

    どの英語学習法をやってもダメだったという方、ぜひお試しください!

    開催スケジュール・場所・詳細 東京都

    オンライン
    Zoomを予定しています。
    マンツーマン
    朝・6時から9時ごろ,午前・9時から正午ごろ,午後・12時から18時ごろ,夜・18時以降,平日,週末・祝日
    レッスン詳細
    コース週1回×12回

    シノドス英会話、トレーナーの芹沢一也です。
    中学生からシニアまで、幅広い指導経験があります。
    巷にあるさまざまな英語学習法を研究・分析し、「言いたいことを英語で話す」という目的に特化したトレーニングメソッドを開発しました。
    ネイティブスピーカーや帰国子女など、「ただ英語を話せるだけの人」に教わっても、英語を話せるようにはなりません。
    このことは、日本人が教えれば外国人が日本語を話せるようになる、ということがあり得ないのと同じです。
    また、きちんと英語で意見を言えるようになるためには、それなりの知識と教養のある講師に学ぶ必要があります。
    慶応大学大学院博士課程で社会学を学び、また現在、専門家によるオピニオン・メディア「シノドス」を運営しているわたしは、この点でも信頼していただけるかと思います。

    質問

    登録者

    シノドス英会話

    おすすめのクラス・コース